<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ひとつのいのち トーク&ライブ | main | いのちのまつり >>
火入れ 水入れ
 立春ですね

もう、ひと月余り冬眠状態です。

でも時折り田んぼに行って作業もします。先日は野焼きをしました。

何となく田んぼが火を欲しているような気がして、所々にワラを積み火を入れます。

カリ分の補給になると思うが、田んぼにお灸をしているような感じもして・・・

でもとにかく、冬の日差しの中で白煙が谷戸に立ちこめて、気持ちがいいのです。



去年からこのところ、経済や政治などの事がほんとうに幻影のように見えてきました。

もう幻影に向かっていても、しょうがないなあと感じる人は多いと思う。

国を家にたとえるなら、もう出家するしかないなあと・・

出家というのはもちろん意識のうえの事で、自分も含め、ひとりひとりの中で

それぞれに起きている意識の変革こそ、リアルなんだろうなあという事です。

分離してしまった幻影世界から、宇宙という自然に響き合うためには、

意識の自立が必要ということかな・・・



・・1979年にボブ・マーレーが歌っていた・・・


「ある者はすべてを手にいれ

 ある者にはなにもない

 ある者は希望と夢を手にし

 ある者は目的すら失った・・・


 ある者には真実と願いが

 ある者には誇りと屈辱が

 ある者は策略を企て

 ある者は道とその意味を知る・・・



 兄弟達よ 姉妹たちよ

 説教や議論はもうやめだ

 僕らは生き残らなければならない

 大いなる時代がやってきたんだ


 ある者はうわべを飾る

 ある者は心を失わない

 ある者はしっかり立つこともできない

 ある者はもう待つこともできない


 僕らは生き残る

 この非人間的なテクノロジーの時代に生き残る

 科学の非道のなかで生き残る

 原子力という誤ちのエネルギーの中で生き残る
 
 一生危険を強いられるこの世界で生き残る


 僕らは生き残る 」

  
    SURVIVAL/Bob Marley [ライオンのうた] より



ぼくたち一人一人がそれぞれに、 より自然へとより宇宙へと意識を変容していく

につれて、幻影の世界が消え、次の世の中のかたちや次のエネルギーシステムが

見えて来る・・・

そんなことを思う冬眠でした。



去年四国の里山に移ったソガメくんが来ていたので、今年の田んぼメンバーの渡辺くん

プーサンと一緒に溜め池の土掬いもした。年々土が溜まって草が増え、ここに植わって

いる蓮が元気がなくなってきたので・・。これで夏にはまた蓮の花がきれいに咲く

でしょう。



こんな感じで畔の修理も・・・何かアートのようにも見えるよね・・

そう言えば今年の葉山芸術祭では田んぼでコンサートで参加しようかな・・



火を入れた後に、田んぼに水を入れる・・

もうこの谷戸は水の世界です・・

立春大吉。もうしばらく、冬眠しようかな。。。



真砂様
初めてメールを送らせていただきます。
横浜市内でおにぎり屋を営んでいる村山と申します。
「畔道じかん」拝読いたしました。
素敵な素敵なエッセイでありました。
以前ラジオで岩澤信夫氏が不耕起農法の事を熱く語っておられ、このような農法があるのだなあと印象強く残っておりました。
葉山という地でこの農法をつかって米を作っている方がいるという雑誌の記事を読み、ホームページから素晴らしい芸術活動をなされている事を知り、エッセイも読ませていただきました。
わたしも田んぼに憧れて、千葉の棚田のオーナーになり、三年やっておりました。
しかし、通いきれなくなり断念し、近辺で田んぼに接する事のできる場は、ないかと探しておりました。
大変失礼なお尋ねではありますが、真砂様の田んぼでなにがしかのお手伝いをさせていただけないでしょうか。
お米が目的なのではなく、田んぼの作業に携わっていたいと思いからであります。
不躾なメールになりました。お許しください。
これからも素敵な活動を、そして素敵な畔道じかんをお過ごしくださいませ。
おにぎり弁慶
村山 洋
村山洋 | 2013/04/24 19:30
COMMENT









Trackback URL
http://blog.masagohideaki.com/trackback/85
TRACKBACK