<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 田植えの季節 | main | 30年前のレギャンビーチ >>
めぐっている時間
 
暑いですね〜 

でも棚田にとってはこの日差しがありがたいです。

この季節の田んぼが一番好きだな〜

育った稲たちが、海原の波のように風に揺れているのを、

木陰に座って見ているのは本当に気持ちがいいのです。

涼しい頃に田の草取りを一応終わっているので、お日様さえ照ってくれれば

株の分けつも進みどんどん育ってくれるでしょう。



中に分け入ってみると、ヤゴがトンボにアセンションしていたり


クモがなかなかのアートをしていたり



やっと出て来た蓮の蕾を発見したり、

飽きることがありません。


ここにいると、時間ていうのは、めぐっているんだなあと納得します。

そのめぐりの中で実りがやって来ます。

「めぐり」の「みのり」が「めぐみ」なんだね。と一人で納得。



畔道の 時間はめぐり 環になりて

めぐりは実り 恵みとならん






そういえば、いのちの祭りも廻り廻って今年9月に行われます。

88年に「NO NUKES ONE LOVE」の合い言葉で一生懸命に、何か御神輿を

かつぐような気持ちで制作に参加していたのを思い出します。

このへんの事はまた詳しく書きたいですが・・・

今回はウォンさんとの共演ができることになり、とても楽しみです。


遠藤さんと今仕上げているマーパイのセカンドアルバムも、考えてみれば

12年前にリリースした真南風(マーパイ)から一巡りです。

この田んぼも12回の季節の廻りを繰り返してきて、今年は大きな一巡りで

エッセイ集という形に実ります。


いろいろなめぐりの中で自然に実ったものを

恵みとして受け取れるのは本当に幸せなことです。






明日は緑の党キックオフイベントでYaeさんと共演します。

お盆恒例の一色海岸Blue Moonでのライブ、今年は8月10日です〜



COMMENT









Trackback URL
http://blog.masagohideaki.com/trackback/79
TRACKBACK