<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 明暗 | main | 田植えの季節 >>
軽い方へ


金環日食から月食を経て昨日のヴィーナストランジットへのながれは

私の意識のなかでは大きな節目でした。

まだまだ心配や恐れや怒りなどネガティブナなものを無意識的に抱えていると

自覚する自分と、それを理解して解き放ち軽くなって、宇宙と深呼吸する自分が

交差するような、意識と感情と気の領域でのそのような体験の期間でした。


そんな折に、このような情報に出会いました。

端的に言うと、太陽系の惑星は太陽から生まれたという理論です。そして

それを証明するようなことが、今年の3月11日にNASAで観察されています。


全ての個体は個別に存在するという考え方に対して、宇宙の存在は相互に繋がって

生成しているという科学的な理論はとても自然に納得できます。

そして、それが納得できると「私たちは太陽の子供」と言った古人の言葉は

そのままリアルに感じることができるし、宇宙全てが波動で繋がっているのだから、

「祈り」という行為は上下の関係での拝みや頼みではなく、愛の波動を送る、

という理解になります。



思えば私たちは、本当に重たい恐れや怒りなどの感情や考え方に、支配されて

きました。そしてそれに乗じて、支配と被支配の社会の構造を維持され、その

最たるものは、地中から重い物質を掘り起こして燃やして得るエネルギーでした。

でも宇宙が自分も内在する、繋がって生成している一つの世界であるという

ことが本当に身にしみて腑に落ちたら、もうそのような重たいことが無意味に

なっていきます。

今回の期間は、これからも紆余曲折するでしょうが、人の意識も社会もエナルギー

も軽い方へ向かっていく、大きな節目だったのではないでしょうか。





苗も育って、いよいよ田植えです〜



6/10に南葉山の農園でライブをします。

ホタル舞うなかで演奏できるのは嬉しいです。




COMMENT









Trackback URL
http://blog.masagohideaki.com/trackback/77
TRACKBACK