<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< タッチ禅・音禅 | main | リアルな世界 >>
野焼き
冬期湛水にしてからもう9年くらい経つかなあ・・・

1月のある日、水を田に引く前に、いつも余らせているワラを敷いて、

野焼きをやってみました。

このところ、すこし増えて来たマツバイという草対策でもあったんですが。






風がないとワラは燃えにくいので、良い風の日に風上から火をつけます。

何か田んぼが火を欲していたような気がしてやってみた野焼き、なかなか

おもしろかったです。

2月の末ころ季節の変わり目で雨が多くなってくると、

水の香りが誘うのか、山からヤマアカガエルが産卵をしに来ます。

メスが水田で卵を生んでいる間、オスは畔で見守っているようです。



桜が咲く頃には田んぼにオタマジャクシが泳ぎ回ります。

今年も来てくれて良かったなあ・・



2月から、今まで書いていた田んぼエッセイをまとめて、さらに

作業のHow toなどいろいろ書き足して本にしていました。

昨年以前と以後では意識の置きどころが違っているので

とくに昨年以前に書いたものはだいぶ書き直しましたが

寒い季節に机に向かってのその作業が、なかなかおもしろかったです。

初夏には本になっているでしょう。楽しみです。




COMMENT









Trackback URL
http://blog.masagohideaki.com/trackback/68
TRACKBACK