<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< E t e r n a l T r u t h | main | 田んぼライフスタイル >>
笛を吹くということ
 7月もいろいろな所で笛をふきました。

コンサートでも奉納でも本来、演奏とは自分にとっては、自然界のスピリットに向いて吹く

ということです。吹いていると気が体に満ちて、それを笛の音に乗せるという感覚です。

近頃はライブでも奉納でも自分の芯に即チューニングするようです。


そもそも、初めて人の前で演奏ということを民族楽器でしたのは、1987年の天河神社の立柱式

だったし、最初のアルバム録音は1994年ニューメキシコのチャコキャニオンのスピリットへの

奉納演奏というようなものでした。


そのアルバムの一曲目「惑星の夜明け」は、チャコキャニオンで吹き続けることで出来た

メロディーですが、ありがたいことに、最近「ガイアシンフォニー第7番」と、今制作中の

「やまとかたりーあめつちのはじめ」に挿入されました。

そんなめぐりの中で、自分の音楽へのアプローチを再確認しています。

どこでも笛を吹くのは自分を通して自然のスピリットに奉納することで、それが結果として

エンタテイメントにもなり得る、ということです。


7月1日のCay・・・YaeさんのVoiceは自然のスピリットが充満しています。

 特に「朧月夜」では声と笛の自由なコラボが最高でした。

 Yaeさんの新曲も演奏しました。 遠藤晶美、吉田ケンゴ、Kaz とのデュオシーンも

 それぞれにとても良いバイブでしたよ






7月17日戸隠神社 奥社で奉納・・・

 K氏に誘われて皆さんと奥社で奉納。奥社には二つの神様がまつられています。

 日本神話の岩戸開きに登場するアメノタヂカラオと、元々の信仰の対象と思われる九頭龍様

 その日は山の上に厚い雲がかかり、奥社への長い参道の行き帰り、雲のなかを行くようで

 雷音がずっとうなっていました。龍神様が間近にいるようで、嬉しい気持ちでした。

 奉納を終えてふと上を見ると


帰り際に戸隠のお山に感謝。この山の麓に奥社があります。



7月24日福岡で初のEternal Truth コンサート・・・

 なにせ7年ぶりですから、ウォンさんとのコラボ。しかもアルバムは10曲中7曲は即興曲

 です。どういう感じでいこうかと思っているところへ、ウォンさんの「自由にやろうよ!」

 で決まり。4曲目位から、覚えた込んだフレーズを再現するというところからもフリーに

 なって、あっという間に2時間たっていました。こんなに短く感じた演奏は初めてかな。

 そこにいた200人あまりの人がそれぞれにメディテーションしながら、そのときを共有

 していたのでしょう。

 

 主催者、スタッフの皆様、そしてコンサートを共有していただいた皆様、本当にありがとう

 
 ・・これは始まる直前、すでに瞑想状態。


Eternal Truthコンサート 二回目は 8月22日 葉山福祉文化ホールです

(このアルバムを録音したホール) 是非ご参加ください!



さて明日は・・・

波の音と共
にBlue Moon(葉山一色海岸) での演奏です



AilieやMakiyoとのセッションも楽しみです 

                         真砂秀朗
COMMENT









Trackback URL
http://blog.masagohideaki.com/trackback/49
TRACKBACK