<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 真砂秀朗&酒匂溪香 書と音のコラボレーションLIVE | main | オープンギャラリー 葉山芸術祭 >>
日本ミツバチ
 

おもしろい日本ミツバチの話を聞いた。


春先、女王バチは分家をするための新しい女王を産む。


そして、ある天気の良い日に、なんと群れの半分、15000


程の働きバチが新女王に付いて巣を飛び立つのだ。


そのために、あらかじめオスの偵察係が四方八方に飛び、巣に適した穴蔵を探しまわるのだと言う。


一方、ハニー・ハンターはその偵察係のハチが好みそうな


所に、気に入りそうな巣箱をセットして、群れを招くのだ。


自然からの情報を群れの中で伝達し合って生きているミツ


バチ達。その習性を知ったハニー・ハンターは蜜を得ること


ができるわけだ。


また、日本ミツバチの特性として、単一の花に群がらず、


多種類の花の蜜を集めるというのも興味深い。


たとえば、巣の前にレンゲ畑があったとしても全員がそこに


行くのではなく、それぞれのハチが多種多様な野の花を飛


び交い蜜を集めるのだそうだ。


なにか、それってとても縄文的じゃないか?



そんな話をしてくれたフィル君は、ハチのことを知り尽くした


養蜂家の先生から教えを受けた。そして去年、彼自身で日


本ミツバチの群れを招くことに見事成功して、その縄文的


蜜を味わうことができたのだ。


春の田んぼで、今日はなんという幸運だろう。


日本ミツバチの貴重な情報を得たうえに、自作の巣箱を


フィルが持って来てくれたんだ。




はじめまして!日本蜜蜂が捕獲できたらいいですね!
あと,偵察蜂はメスではないかと思いますよ!
mituro36 | 2010/05/08 12:23
COMMENT









Trackback URL
http://blog.masagohideaki.com/trackback/39
TRACKBACK